脱毛女子(上と下)

突然ですが、あなたは脱毛サロンに通っている脱毛サロンや医療クリニックで「脱毛後の間隔をあけること」の疑問を感じていませんか?

  • なぜ脱毛したら間隔をあけなければいけないの?
  • 1か月1回のペースは脱毛効果がある?ない?
  • 脱毛サロンや医療クリニックから、通うペースを2か月から4か月にペースダウンするように言われた。効果は落ちる?落ちない?
  • 妊娠や体調不良などで脱毛の間隔をあけすぎてしまった。脱毛効果は薄くなっている?
  • 大手脱毛サロン・医療クリニック通う間隔はどれくらいあけたらいい?


その理由を解説していきます♪

なぜ脱毛したら間隔をあけなければいけないの?

毛が多かったり・濃かったりする方は1か月で1回施術して欲しいですよね。
ですが脱毛を効果的にするためには、毛の「毛周期」を考慮しないと抜けにくいんです。

そもそも「毛周期」って何?

「毛周期」とは、毛の生える成長の周期のことです。
毛周期は、個人差があります。人によって早い人もいれば遅い人もいます。


休止期→退行期→成長期 というサイクルで毛が生えます。
休止期から成長期の毛が伸びるまで約4~5か月と長い期間がかかります。

  • 休止期:毛が毛根から離れ落ち、次の毛が出るまでの状態
  • 退行期:毛が抜け落ちる準備している状態
  • 成長期:毛が皮膚の表面に出てきて伸び続ける状態


この中で、最も脱毛に適しているのは「成長期」です。
成長期の毛は、毛と毛根が付いていて、毛根組織を破壊しやすい状態です。
休止期と退行期は毛と毛根が離れているため、この時期に施術をしても効果がありません。

成長期の毛は見分けられる?

残念ながら厳密に見分けることは不可能です。
毛の成長するサイクルは、毛によってばらつきがあるので見極めが難しいからです。

脱毛サロンや医療クリニックへ通う「間隔」について脱毛効果の疑問をまとめました

1か月1回のペースは脱毛効果がある?ない?

残念ながら、脱毛効果は薄いです。
1か月に処理した毛が、脱毛に適した毛・成長期の状態まで伸びないからです。
休止期や退行期の毛が出てきてしまい、再度契約・余計なお金を払うケースも考えられます。

脱毛サロンや医療クリニックから、通うペースを2か月から4か月にペースダウンするように言われた。効果は落ちる?落ちない?

ペースダウンしても効果は落ちません!
「成長期の毛」の生えそろう時期を待って脱毛したほうが効果があるからです。

また、毛が薄くなってきた肌に光やレーザーを当ててしまうと、肌トラブルの原因にもつながります。
毛が濃い・太い方は心配されると思いますが、効果的に脱毛するためには間隔をあけることも大事です。

妊娠や体調不良などで脱毛の間隔をあけすぎてしまった。脱毛効果は薄くなっている?

一度光やレーザーを当てた部分の脱毛効果は持続されます!
これは、ダメージを与えた毛根組織は弱体化しているためです。

ですが、一度当てただけでムダ毛は無くなるわけではありません。
毛周期によって、眠っている毛も出てくる可能性は高いです。

大手脱毛サロン・医療クリニック通う間隔はどれくらいあけたらいい?

大手各社 脱毛サロンの通うペース

通う間隔は、個人差があります。
脱毛サロンの公式ページより、推奨している間隔を掲載します♪

ミュゼプラチナム 2週間以上あけて1回
キレイモ 2か月に1回
銀座カラー 約1〜3カ月に1回
脱毛ラボ 2週間に1回
シースリー 3ヶ月に1回

大手脱毛医療クリニックの通うペース

脱毛医療クリニックは光・レーザーの威力が強いので、回数によって異なります。

湘南美容外科クリニック 2回目・3回目の施術→2か月
4回目~6回目の施術→3か月~4か月
リゼクリニック 2・3回目→8~12週後
3回目~→12~16週後

毛のサイクルを理解し、効果的に脱毛をしましょう!

脱毛女子(上と下)

いかがでしたか?
あまり脱毛しすぎるのも、効果が薄くなってしまいます。
焦らずにゆっくりときれいになりましょう!