突然ですが、あなたは「埋もれ毛(埋没毛)」に悩んでいませんか?

  • 埋もれ毛の原因を知ろう!
  • 埋もれ毛にしないためにはどういうことに気をつけるべき?
  • 埋もれ毛をきれいに処理するならこの方法


これらはすべてこのページで解決できます!

埋もれ毛の原因を知ろう!

埋もれ毛の原因は、正しくない自己処理を続けていることに原因があります。

①太い毛を処理する時に毛穴に傷をつけてしまっている

ムダ毛を処理した際に、毛穴に炎症がおき皮膚は毛穴をふさいでしまいます。
その炎症になった皮膚の下から毛が生えて、結果、皮膚から毛が出られない状態になり埋没します。

②知らない間にカミソリで深剃りしている

太い毛が剃れなくて、何度も何度もカミソリで皮膚を削っていませんか?
この状況も炎症になってしまい埋もれ毛の原因になります。

埋もれ毛にしないためにはどういうことに気をつけるべき?

脱毛サロンや自己処理後は必ず保湿を!

保湿をすることで、肌荒れ・炎症を防ぎ、埋もれ毛をできにくくします。
これは、肌の角質を常に柔らかくすることで、剃ったときと抜いた時のダメージを軽減させます。

埋もれ毛のある毛を自分で掘り出さない

また炎症が起き、余計に毛は埋もれてしまうどころか、下手すると傷がついて血が出てしまいかねません。
とても気になりますが、我慢してくださいね。

埋もれ毛をきれいに処理するならこの方法

肌のターンオーバーを促進させる

塩のスクラブやピーリング石鹸で、炎症が起きて分厚くなった皮膚の角質を取り除きます。
すると、埋まった毛が肌の上に出てくれるようになります。
ただし、何度もやりすぎると肌が荒れてしまいますので、1週間に1~2回程度をおすすめします。

電気シェーバーを使用する

皮膚に刃が直接触れることがないため、炎症を防ぎます。
同じ「剃る」行為ですが、カミソリより肌に優しく、手軽に処理できます。

美容脱毛サロンや脱毛医療クリニックに通う

一番きれいに治すことができます。
光やレーザーを肌に当てることによって、毛が自然に抜け落ちます。
施術後はしっかりと保湿をしてくれますよ。

また、埋没毛に赤い炎症が起きてしまっている場合は、施術を断られるケースもあります。
カウンセリングで、どの程度の炎症ならば施術してもらえるのかを確認してくださいね。